ニュースリリース
モルモンの新しい扶助協会会長が国連でスピーチを行う

末日聖徒イエス・キリスト教会の新しい中央扶助協会会長であるジーン・B・ビンガム姉妹は、木曜日にニューヨーク市の国連で行われた信仰を基としたパネルディスカッション「Focus on Faith」において、教会の人道支援に対する取り組みについて語った。毎年行われるこの会合は、国連広報局の後援によって行われた。

最新のニュース アーカイブ »

ニュース・アーカイブ »