雨の中でも笑顔で奉仕するモルモンヘルピングハンズのボランティア

雨の中でも笑顔で奉仕するモルモンヘルピングハンズのボランティア

多数の奉仕活動で太平洋地域の人々を支援

ニュースリリース

10月28日(土)、オーストラリア、ニュージーランド、南太平洋諸島では、黄色いTシャツを着たモルモンヘルピングハンズのボランティアたちが、チェーンソーで木を切り、芝刈り機で芝を手入れし、雑草を抜き、植樹を行うなどの奉仕活動に喜んで参加した。

オークランドでは140人のボランティアが雨の中泥まみれになりながら、アボンデールの郊外にあるローズバンク半島で4,000本の植樹を行った。

    

「末日聖徒のようなグループによる助けがない限り、今回のようなことはできませんでした」とワウ・リバー・キャッチメント・トラスト、フレンズ・オブ・ザ・ワウ(Whau River Catchment Trust, Friends of the Whau)と呼ばれる環境保全団体のニール・ヘンダーソンは述べた。

 

オークランドとノースランドにある教会の広報ディレクターであるミュリエル・サミュエラは、「わたしたちは神と隣人への愛を持っていますので、地域で奉仕しています。イエス・キリストはよい働きをしながら巡回されました。わたしたちが懸命に行おうとしているのは、主と同じことです。他の人を高める時、わたしたちは自分自身を高めることができるのです」と述べた。

アボンデールの奉仕活動のビデオを見る:

「モルモンヘルピングハンズ奉仕の日」

フラックスメアステークのヘルピングハンズ、2017年10月28日

ポリルアモルモンヘルピングハンズ、2017年

クライストチャーチステークのヘルピングハンズ、2017年

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.