テーマ

モルモンタバナクル合唱団

モルモンタバナクル合唱団は世界で最古, 最大の聖歌隊の一つです。合衆国大統領の前で演奏し, 何億枚ものレコードを売り上げ, 多数の賞に輝き, 十数カ国の聴衆を魅了してきました。

末日聖徒イエス・キリスト教会の本部があるユタ州ソルトレーク・シティーに本拠を置いています。

モルモンタバナクル合唱団は, 年齢25歳から60歳の360名のボランティアの教会員で構成されています。毎週練習と公演があり, テンプルスクェアオーケストラとたびたび共演しています。

モルモンタバナクル合唱団は19世紀中ごろに創設されました。1847年8月22日, 少数の聖歌隊が教会の大会で初めて歌いました。ソルトレーク谷へ最初の開拓者一行が到着して入植したわずか29日後のことでした。

ソルトレーク神殿の西側に建っているのが, 聖歌隊の本拠モルモンタバナクルです。モルモンタバナクル合唱団の名前はその建物の名前に由来しています。

広大な公会堂の中には, 聖歌隊の伴奏をする11,623本のパイプが付いたタバナクルオルガンがあります。ユタ産の木材を手彫りし, 丸い樽板で作られた目立つ金のパイプが特徴的です。1867年当初に作られたオルガンの10本のパイプは, 今でもまだ機能しています。

合唱団は毎週日曜日のラジオ放送ミュージック・アンド・スポークンワードでよく知られています。ソルトレーク・シティーのテンプルスクェアで収録されているこの番組はアメリカで最も長く放送されている全国番組です。

1981年から1989年まで合衆国大統領を務めたロナルド・レーガンは, 1981年, 大統領就任式で歌ったモルモンタバナクル合唱団を“America’s Choir”(アメリカの合唱団)と呼びました。

長年にわたるコンサートツアーにより, 合唱団は南北アメリカ, ヨーロッパ, アジア, 太平洋諸国のすばらしいコンサートホールで公演しました。

2002年2月8日から24日までソルトレーク・シティーで開催された冬季オリンピックでは, 公式な閉会式で合唱団が公演しました。

合唱団のレコードは二つのプラチナ賞, 5つのゴールド賞を受賞しています。「リパブリック賛歌」の演奏ではグラミー賞に輝きました。フィラデルフィア管弦楽団, ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラ, エルサレム交響楽団など, 世界有数のオーケストラと共演した演奏がレコードに収録されています。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.