3.11の鎮魂と希望を込めて日本仙台伝道部の宣教師たちが歌った

ニュースリリース

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震による犠牲者の鎮魂と復興の希望を込めて日本仙台伝道部の宣教師たちが、7年目の被災日を前に「花は咲く」を歌った。ボランティア活動を行う「モルモンヘルピングハンズ」は被災当初から被災地における復興活動に携わったが、彼らが着ていた黄色いベストはいつの日か無私の奉仕を表すものとして認知されるようになり、特に黄色はその意思を象徴する色として覚えられるようになった。仙台伝道部の宣教師らはこの歌の中で復興への希望を祈り、その祈りが黄色で表されている。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.