2つの宣教師訓練センターが閉鎖に

チリとスペインの訓練センターが2019年1月に閉鎖される

ニュースリリース

末日聖徒イエス・キリスト教会は2つの宣教師訓練センターが閉鎖されることを発表した。2019年1月に閉鎖となるのは、チリ・サンチャゴとスペイン・マドリッドにある訓練センター。この決定は、教会指導者らが世界中にあるリソースを各地域の必要に応じて最適利用するために下されたものである。

 

センター閉鎖後、この2つのセンターで訓練を受けることになっていた宣教師は、世界13か所に残る訓練センターの1つで訓練を受けることになる。

チリとスペインの訓練センターはいずれも教会が所有する建物であり、神殿参入者の宿泊所など、その他の教会の機能も果たしている。教会は今後、空いたスペースをどう有効活用すべきかについて決定を下すことになる。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.