ニュースリリース

金沢ワードの会員と友人たちが海岸を清掃
健民海浜公園で「全国奉仕の日」の活動

 

2019年5月6日、金沢にある健民海浜公園の海岸に着いた中瀨均は南東からの風を受け「風は大変だな!」と言った。彼はバックパックから透明プラスチックのゴミ袋を一枚取り出しゴミ袋を開けるために振ると、風を受けてすぐにゴミ袋は口を開け、今にも舞い上がりそうな凧さながらとなった。

毎年恒例となったこの海岸清掃活動にナカセが金沢ワードとともに参加し始めて今回で連続20回目となる。今年の奉仕日はゴールデン・ウイークの最終日となり、黄色いベストを着たボランティアら50人とともに海岸中に広がり、冬から春にかけて放置されたゴミやがれきなどを拾った。この活動は、末日聖徒イエス・キリスト教会から日本国民への贈り物として行われている「全国奉仕の日」の活動の一つであった。2019年は金沢ワードが海岸清掃を開始してから30周年を記念する年となった。

「夏は多くの観光客が海水浴や浜遊びをしにここに集まります。ほとんどの人はわたしたちが毎年掃除していることを知りませんが、わたしたちはただ正しいことをやろうとしているだけですから、人に知られる必要はありません。地元の新聞がこの活動について記事にすることもありますが、それが大事なことなのではありません」と中瀨は述べた。

そして「コミュニティの人たちにも手伝ってもらえるように、清掃活動に招待しています。とても和気藹々とした雰囲気があります。子供たちは海岸で走り回ったり遊んだりしながら、清掃活動を行っています」と続けた。

中瀨は、金沢ステーク会長の佐々 佳彦が大きなオレンジ色の浮きを運び、集めたゴミの山の中にそれを加えているのを見ると、「ゴミは多いものの、以前に比べればましになっている」と説明した。

「がれきの多くは日本海を隔てた国々から流れ着くものです」と中瀨は説明しながら大きなオレンジ色のクレートを差しながら「ほら、これにはハングルの文字が書いてありますね。でも、今年の漂流物は少ない方です」と話した。

数々のクレートとともに回収されたゴミの中には大きなパイプ、水入れ容器、バケツ、発泡スチロールの破片、プラスチックのボトル、袋、ゴミ箱の蓋などがあった。撚りが解けたロープも半分砂に埋まった状態で見つかった。2人の宣教師はセメントでできたフェンスの杭を肩に担ぎながらゴミ集積場に運んだ。

末日聖徒イエス・キリスト教会は今年、北海道から沖縄まで各地で行う163の奉仕活動を計画した。これらの活動はヘルピングハンズと呼ばれるプログラムによって行われるもので、このプログラムでは教会員が友人たちとともに時間や才能を生かしながら、助けを必要としている人を助け祝福するために計画された奉仕活動が提供される。ヘルピングハンズでは、町の通り、公園、学校、リクリエーション施設などの美化活動も行うと同時に、献血、お腹をすかせた人に食べてもらう食料品寄付活動も行っている。

近藤藤倫は教会員ではないものの、教会が提供する英会話クラスには13年間通い続けている。海岸清掃活動にも何度も参加した。なぜ参加したのかを尋ねられた近藤は、特に理由はないとしながら「活動をやっていたので来ました」と謙虚に答えた。しかし、一生懸命にゴミを拾う彼の姿を見れば、海浜公園を大切に思い、他の人達との活動を楽しんでいることは明らかであった。

地野勝美兄弟の活動参加理由は単純明快で、彼の活動ぶりは環境への配慮がにじみ出ていた。参加理由を尋ねられた彼は「天父が海と魚を創られました。わたしは魚がきれいな環境で住めるように海岸を掃除しに来ました」と語った。

金沢ワードの指導者である西村栄治ビショップは、今回の活動がワードにとって最も役立ったのはどんなところかを尋ねられ、答えに困りながら、「難しい質問ですね。でもその答えは、教会員と非教会員が宣教師とともに働く機会を作ることができたということでしょうか。一緒に働いて、その後一緒にバーベキューを楽しむこともできましたから」と述べた。

ボランティアらが自分たちでバーベキューにした肉や野菜、そして焼きそばなどの美味しい物を一緒に食べる姿からは、無私の奉仕を行い仲間とともに過ごす時間を楽しんだのは明らかであった。

2019年5月18日(土)は「全国奉仕の日」と定められた日である。50以上の地域において地元自治体、リクリエーションセンター、その他のグループなどとの共同活動として、奉仕を行うプロジェクトが計画されている。共に奉仕することで地域との関係が構築され、その関係が日本における多くの社会問題の解決に役立つことがある。奉仕には誰でもが参加でき、詳細は以下のリンクに掲載中:

https://www.ldschurch.jp/2019/dayofservice2019?lang=jpn-jp

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.