西日本豪雨の各被災地のボランティアセンターと情報交換し、援助を提供するヘルピングハンズ

ニュースリリース
 

ヘルピングハンズは西日本豪雨による災害にスムーズに援助を提供するため、各被災地のボランティアセンターを訪問し、情報交換やニーズ聞き取り等を行い、援助のマッチング、援助の提供を急いでいる。ヘルピングハンズの現地担当者は今週開設された倉敷市、総社市、岡山市東区、岡山市北区、広島市、呉市の各ボランティアセンターを訪問し、ニーズと援助のマッチングを行った。ニーズを把握した上で、倉敷市ボランティアセンターには、虫よけスプレー、蚊取り線香と土のう袋を寄贈、総社市、岡山市東区、岡山市北区のボランティアセンターにも土のう袋を寄贈した。現地には、今後も継続して必要な物資の提供とボランティアの派遣をすることを伝えた。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.