教会の名称について話すネルソン大管長

ニュースリリース

末日聖徒イエス・キリスト教会のラッセル・M・ネルソン大管長は、カナダの7都市を巡回する最近のツアー中に、教会の公式名称について話した。2018年8月18日(土)、モントリオールで話したネルソン大管長は、教会の公式名称について大管長会が8月16日に発表した声明に対するメディアの反応に驚くことはなかったと語った。

「100年以上も続けてきた伝統を変えるのは容易なことではないのはわかっています。主はわたしたちにご自身の教会が呼ばれるべき名称について話されました。ですから、わたしたちは名称を変えるのではありません。使って来た名称を正すのです」と大管長は述べた。

ネルソン大管長はハミルトンの聴衆に対しても教会の名称について語った。

    

メディアに対する話の中でも、預言者は「わたしたちは『モルモン』という名前を注意深く守る必要があります。メディアはわたしたちがその名を捨てるのだと思うでしょうが、そうではありません。ただ正確に使いたいのです。モルモンは一人の男性でした。彼は預言者で、執筆者であり、記録者もありました。わたしたちは彼の働きを称賛し、彼の名前を冠する書物を大切にしています。ここでわたしが話しているのは教会の名称についてです」と話した。

ネルソン大管長とカナダに同行していた十二使徒定員会のニール・L・アンダーセン長老は、名称使用に関する調整は時間をかけて行うことが大切であるとし、「大管長会と十二使徒定員会はこの件について強く一致しています。大管長は語られ、主は大管長に語られました。これには複数年にわたる努力が必要です。試してすぐに止めるようなものではありません」と述べた。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.