ニュースリリース

堺ステークセンターでの家族歴史フェア、成功裡に終わる

 2019年3月9日、堺ステーク主催の家族歴史フェアが開催された。200人を超える人が参加し、家族歴史の重要性と先祖探求に役立つ方法が紹介された。会場には多数の展示品も準備された。このイベントには、ゲストスピーカーとして弥勒山福王寺の槇廣誠賢住職、放送大学京都学習センターの桝井正義氏が参加し、札幌ステーク神殿家族歴史相談員の尾崎文之兄弟も最終話者として家族歴史探求における経験談を述べた。

「すべての人には、この地球上に生きている理由があります」と槇廣誠賢住職は述べた。高野山で寺院の記録研究に携わる役割を受けていたことから、家族歴史への興味が湧いたという同住職は「わたしは先祖から学ぶことができたことに感謝しています」とも語った。また高野山で勉学に励む間、人と話す機会はあまりなかったものの、その後コミュニケーションの大切さを学んだといい、争いを生み出すのではなく、解決することがわたしたちの務めであるとした。家族歴史を探求すると、自分の先祖が偉大な人々であったことを発見する人もいる一方、そうでない人もいる。ファミリーサーチは、以前に高野山の各宿坊が所有した檀戒帳と呼ばれる宿坊記録の一部をマイクロフィルムに収めたことがあったが、槇廣住職は高野山真言宗の指導者として、教会が今後さらに先祖の記録を入手できるよう支援してくださるでしょう。

桝井正義氏はファミリーサーチを最大限に活用するようにと出席者を励ましながら「わたしたちみんなはご先祖様から命をいただきました。みんなが家族という祝福を受けています。子孫に遺産と最高の思い出について記録を残すことが大切です」と述べた。同氏はファミリーサーチにアップロードした写真や物語を示しながら、パワーポイントによるプレゼンテーションを行った。

「天父はわたしたちを祝福してくださいます。この業は神秘的なものかもしれませんが、大切です」と札幌ステークの神殿家族歴史相談員の尾崎文之兄弟が伝えた。古い記録にまでさかのぼった先祖の探求、そして親戚を探すために地方を旅し、そこで行った家族の情報交換についての話は出席者を鼓舞するものであった。

教会員やそうでない人を含めて多数の参加者が体験学習コーナーを訪れ、ゲストスピーカーの話に耳を傾けた。このイベントに参加したのは堺、大阪、神戸、京都の4ステーク。岡山ステークの今井会長も参加した。堺ステークの大谷会長は泉南市の堀口和弘市議会議員を伴ってフェアに参加した。

今回のイベント開始前に、堺ステークの扶助協会は槇廣誠賢住職、桝井正義氏、そして尾崎文幸兄弟に対し、昼食を提供した。夕食には他にも堺ステークのオオタニ・ヒロシ会長、第二顧問の鈴木ケンゾウ会長、杉本恵洋兄弟と妻の美智子姉妹、杉本圭司兄弟、鬼頭龍子姉妹、望月孝則兄弟、ベイツ長老・姉妹も招待された。昼食の席で、槇廣住職が自分は聖書を持っていることを告げると、モルモン書を読んだことがあるかを尋ねられた。「読んだことはないですが、読みたいです」との答えに、オオタニ会長と杉本姉妹が近いうちに特別献上版のモルモン書を贈ることになった。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.