台風「マンクット」がフィリピンに上陸

公式声明
    

末日聖徒イエス・キリスト教会は台風「マンクット」に関して以下の声明を発表した:

教会指導者らは台風「マンクット」の通過経路にある伝道部、ステーク、ディストリクトの指導者らに台風に備えて必要な身を守る行動を取るように指示を出しました。台風の通過経路にある多くの教会集会所はすでに教会員やその他の人々の避難所として使用されており、教会は地元の供給業者と共に食料品、飲料水、その他必要物資の確保に向けて働きかけています。

フィリピンの被災地にいた宣教師たちは全員無事が確認され、周辺の地域に移動しました。宣教師全員は十分な必需品を携帯するようにと指示されました。伝道会長は現地の状況について定期的に宣教師の親たちと連絡を取り合っています。台湾と香港の伝道主任たちにも、十分な注意を払うようにとの連絡が入っています。

教会は状況を継続して観察し、また地元では支援活動が必要になった場合にすぐに調整して活動を始められるように担当者が待機しています。わたしたちはフィリピンと周辺地域の人々の安全と健康を願いお祈りしています。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.