北海道胆振東部地震にて災害支援活動を開始

ニュースリリース

北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)が、平成30年9月6日午前3時7分日本の北海道胆振地方中東部を震源として発生した。北海道のほぼ全戸において停電が発生し、多くの地域で断水が発生した。教会の福祉部では緊急支援を行なうことを決定し、空路による北海道入りが困難なことから、本州から車両で緊急支援物資を乗せフェリーで8日午後には現地入りした。支援物資は教会苫小牧支部と札幌神殿にて配布した。

9月7日には電気が一部復旧し、断水も多くの地域で解除された。9月8日にはほぼ全域で電気が復旧し、電車や飛行機などの交通網が再稼働した。現在も現地で支援活動は続く。

 

                  

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.