ラッセル・M・ネルソン大管長の世界巡回ツアー2018

ニュースリリース

ラッセル・M・ネルソン大管長とジェフリー・R・ホランド長老の2018年の世界巡回ツアーは、ヨーロッパ、アフリカ、アジアの8都市を11日で回るものであった。以下は各都市での取材のまとめ。

2人の指導者と彼らの妻たちはハイドパーク礼拝堂で宣教師や教会員に向かって話した。 

ネルソン大管長の世界巡回ツアー、英国から始まる

             

現地で開催された地区ディボーショナルには、教会員、友人、ブリガム・ヤング大学エルサレムセンターで学ぶ学生らが集まった。

聖地を訪問する預言者

教会指導者らと妻たちの話がケニア中の集会所に届けられた。

ネルソン大管長、アフリカに到着

ネルソン大管長の話を聞くために4,000人以上が集まった。その中には大管長が話す前に「神の子です」の一番を歌った大勢の子供たちもいた。

アフリカ最後の訪問地ジンバブエを訪れるネルソン大管長

預言者はバンガロールの末日聖徒と新しい神殿について語り合った。

世界巡回ツアーでインドを訪問するネルソン大管長

「ここアジアでの教会の未来は明るい」と大勢の末日聖徒にネルソン大管長は語った。

タイで神殿の大切さを説くネルソン大管長

ネルソン大管長は4,000人の末日聖徒に向かい、人体の不思議および、教育、祈り、什分の一、家族、そして神殿での礼拝の大切さについて語った。

香港の末日聖徒に霊感を与える預言者

ネルソン大管長はハワイ州ライエにあるブリガム・ヤング大学ハワイ校を最後の訪問地として、今回の世界巡回ツアーを終えた。

ツアーの最終目的地ハワイを訪問するネルソン大管長

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.