ブルック・P・ヘイルズ長老が中央幹部七十人に召される

ブルック・P・ヘイルズ長老が中央幹部七十人に召される

ニュースリリース

2018年5月17日、ブルック・P・ヘイルズ長老(62歳)が末日聖徒イエス・キリスト教会中央幹部七十人として奉仕するように召された。召された当時、ヘイルズ長老は大管長会の書記として奉仕しており、この役割は継続する。1997~2008年にも大管長会の書記補佐として奉仕している。

 

ヘイルズ長老は1980年にウィーバー州立大学から銀行業/金融学の学位を取得。卒業後はコマーシャル・セキュリティー銀行、デゼレト投資信託、アメリカン・エクスプレス、サンフランシスコ連邦準備銀行、教会の財務・記録部で勤務した。

ヘイルズ長老は、フランス・パリ伝道部で専任宣教師としての奉仕をはじめ、ビショップリックの顧問、大祭司グループリーダー、ビショップ、ステーク会長、神権者オルガニスト、日曜学校教師、神殿のシーラーなど、教会で多数の召しを果たしてきた。

ブルック・フィリップ・ヘイルズ長老は1956年4月7日にユタ州オグデンで生まれた。1981年にデニース・イムレイ・ヘイルズと結婚し4人の子供がいる。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.