タイで神殿の素晴らしさを説くネルソン大管長

タイで神殿の素晴らしさを説くネルソン大管長

バンコクの末日聖徒らに会う預言者

ニュースリリース

2018年4月20日(金)、8都市を回る世界巡回ツアーの6つ目の訪問地としてタイ・バンコクを訪れた末日聖徒イエス・キリスト教会のラッセル・M・ネルソン大管長は「ここアジアでの教会の未来は明るいです」と述べた。ヨーロッパとアフリカ訪問に続き、末日聖徒の預言者はアジアを訪れた。

 

ネルソン大管長の未来に関する言葉は、バンコクに神殿が建設されると最近された発表に触れたものでもある。アジア訪問の2日目、大管長は教会の成長と神殿の祝福を強調した。

「この50年以上、アジアを何度か訪問して目にしてきた大きな変化には感銘を受けました」と1966年に初めて医師としてタイを訪れたネルソン大管長は語った。

「タイの人々に私が望むことは、台湾の人々またはその他の都市、国々の人々に望むことと同じです。つまり、わたしたちは神の子すべてに、救い主のもとに来て、神殿で祝福を受け、永遠に続く生命と喜びを得て欲しいということです」と述べた。

今回の大管長の世界巡回ツアーには、ネルソン大管長の妻ウェンディー、そして十二使徒定員会ジェフリー・R・ホランド長老とその妻パトリシアが同行している。

「タイのバンコクに建設される神殿用地を見たいと思いました。そしてそこに行きました。特別な感情に満たされました」とタイの首都バンコクで大勢の教会員が出席した集会でネルソン大管長は語った。

そして「神殿での活動がどれほど古代に始まったか考えてみてください。…旧約聖書のアダムの時代にも新約聖書の時代にも、すでに神殿での働きがあったことが記録されており、モルモン書に登場する古代の人々の間でも神殿での働きは行われていました」と続けた。

教会は世界に159の神殿を有し、他にも30の神殿建設が発表された、または工事が始まっている。バンコク神殿はそのうちの1つで、2015年4月にトーマス・S・モンソン大管長がその建設発表を行っている。

教会指導者らはバンコクでの集会はタイにおける教会歴史の中で最も大規模な集会となったと考えている。

「タイで伝道したことのある宣教師すべてが、特に小さな支部があっただけでほとんど教会員がいなかった初期の頃の宣教師たちが、今晩この場に来られたらどんなに素晴らしかったことでしょう。この集会はラオスとミャンマーにも放送されていることを考えると、これはイエス・キリストの福音がもたらした奇跡以外の何ものでもありません。これほど大勢の教会員を目にすることができて嬉しい限りです」とホランド長老は語った。

集会参加者らは預言者の姿を目にし、話を聞くことができ、大きな喜びに満たされていた。バンコクのジエン・リューは「タイに預言者がいらっしゃったのは今回が初めてですので、わたしたちが自分の目で見て証人となれることは素晴らしいことです。テレビやビデオでしか見たことがありませんでしたから、召された本当の預言者を直に目にすることができ、本当に嬉しいです」と語った。

ネルソン大管長はタイの教会員に、神殿に参入できるように自分自身と家族を備えるようにと励ました。そして、「わたしは皆さんがこの神聖な国で主の神殿に入る備えをするときに、皆さんの家庭に愛があるように、仕事がうまく行くように、心に喜びがあるようにと祝福します」と述べてお話を終わった。

バンコクのウィチャダ・トザニスは「わたしは小さなころからタイに神殿ができることを夢見ていました。神殿はわたしの家族にとって特別なものとなります」と述べ、イサヤー・リッティクプトは「タイに神殿ができるとタイ国民の生活は良くなります。神と、そしてタイに来てくださったネルソン大管長に感謝しています」と話した。

世界巡回ツアー

「世界巡回ツアー」の日程は2018年4月10~23日。救い主の証人として立つ末日聖徒の大管長と使徒は11日間で三大陸8都市を訪問する。ツアーは4月12日に英国ロンドン訪問を皮切りに始まった。その後の訪問先は、イスラエル・エルサレム、ケニア・ナイロビ、ジンバブエ・ハラレ、インド・ベンガルールと続いた。

今回のツアーは、ネルソン大管長が1月に教会の第17代大管長として指名されて以来、アメリカ国外への初めての公式ツアーとなる。

ネルソン大管長の次の訪問地は中国・香港で、現地では教会員に会う予定である。今回のツアーの最終訪問地は米国ハワイ州ホノルルとなる。

世界的な教会

ユタ州ソルトレークシティに本部を置く末日聖徒イエス・キリスト教会は世界に1600万人を超える会員を有する。アジアには現在、約120万人の教会員がいる。

タイで定期的な礼拝行事を行うことが認可されたのは1961年。1966年11月、ゴードン・B・ヒンクレー大管長は福音を述べ伝える国としてタイを奉献した。タイには現在22,000人以上の末日聖徒がおり、ユニット数は41。

タイで神殿の素晴らしさを説くネルソン大管長

タイで神殿の素晴らしさを説くネルソン大管長(タイ語)

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.