キリストが愛されたように愛するようにと女性たちに教えるゴング長老と姉妹

奉仕は教会員とコミュニティを一つにするのに不可欠であると説くBYU女性の大会でのメッセージ

ニュースリリース

十二使徒定員会ゲレット・W・ゴング長老と妻のスーザンは、5月4日金曜日に集まった1万人以上の幅広い年齢の女性たちに対し、日常的そして劇的な場面で行われる自己犠牲の奉仕は教会員とコミュニティを一つにし、その中で友情を育むのに欠かせないと教えた。

 

新しく召されたばかりの使徒とその妻は、ユタ州プロボで開催された2018年BYU女性の大会での最終話者であった。

ゴング長老は、何年も前に3万人以上の会員がいる教会のビショップとして、手助けをすることのできたある家族について話しながら、奉仕の必要性について説明した。

リッター家の湯沸かし器に水漏れが生じ、床から水がしみ出していた。そこに白アリが発生して床を喰い、床がへこむ事態となった。家族は修理費を出す余裕がなかったため、湯沸かし器を止めた。ゴング長老がその家族の家を訪問したとき、その窮状に気づき、これについて教会の指導者と話し合った。即座に床、壁、カーペット、器具、ペンキ塗りに長けた教会員が集まり、リッター家で修理を始めた。

リッター家に最も奉仕した一人がジャック・オコナーであった。それぞれ技術を持った教会員たちがリッター家の修理を終えた後、ジャックの家が火事に見舞われた。そのときオコナー家の修繕作業を手伝うのに真っ先に駆け付けた人たちの中にリッター家の家族がいた。このように奉仕の輪が広がることが、信仰深いコミュニティの強みの一つであるとゴング長老は語った。

「主の愛をもって互いに強化し合うときに、驚くべき、そして徳高く調和のある奉仕の輪が広がるとわたしは信じています。オコナー家がリッター家を助け、リッター家がオコナー家を助け、そんな中で末日聖徒のコミュニティが確立されて行くのです。毎日、小さく簡単ではあるものの、力強く、人生を変えるような様々な方法で、わたしたちは互いに奉仕を行って愛を示すことができるのです」とゴング長老は語った。

ゴング姉妹は、主が愛したように互いに愛するという考えには3つの異なった意味があると述べた。それは、まず主がわたしたちの心を理解されること、そしてご自分の理解を慈悲の心と組み合わされるということ、最後にわたしたちが有する特定のニーズに応えられるということです。

「わたしたちは、救い主の比類なく大きな愛と、天父の無限の愛に包まれています。彼らの愛によって、わたしたちは互いに理解し、互いに慈悲の心を持ち、重要かつ特別なすべての方法によって互いに祝福し合います」とゴング姉妹は述べた。

木曜日、扶助協会の顧問たちが一致についてのメッセージを分かち合う

       

木曜日の大会の一部のイベントには、中央扶助協会の2人の顧問、シャロン・ユーバンク姉妹レイナ・I・アブルト姉妹による新しいミニスタリングプログラムについての話もあった。

彼女たちのプレゼンテーションは、預言者ジョセフ・スミスの母親であるルーシー・マック・スミスが言った以下の言葉に焦点を当てたものであった。「わたしたちは互いに大切にし合い、世話をし合い、慰め合い、そして天でみんなと一緒にいられるように教えを受けなければなりません。」

「ミニスタリングの意味について話すこのセッションのテーマは、本当に霊感を受けたものだとわたしは知っています。お互いに世話をし合うのはまさしく扶助協会が創立された目的です。まず人をよく知り、どんな助けを必要としているかを学ぶところからすべては始まります。奉仕には様々な形があります。一つの奉仕がどの人を助けるのにも当てはまるということは決してありません」と第一顧問のユーバンク姉妹は説明した。

「より高度で、より聖いミニスタリングを行うために、わたしたちはお互いの間に大きな違いがあることを認めつつ、一緒にいることが心地良いものになる必要があります。女性同士でお互いにきつく当たることがあるでしょう。慈悲の心、キリストの愛を持つ代わりに、裁き、比較し、競争してしまうことがあります。けれども、教会ではそのような文化を変える必要があります。変えなければいけません」と第二顧問であるアブルト姉妹は付け加えた。

補助組織の女性指導者2人は共に聴衆に向かい、なすべきことに圧倒されないようにと励ました。「何かをより良く行うということは、必ずしももっとたくさんのことを行わなければならないということにはなりません。霊感を受けて毎日ただ1つのことを行えば、皆さんは主の代理人として奉仕していることになります。霊感を受けて1つのことを毎日行えば、1年で365、50年では18,250の主が望まれていることを行ったことになります」とユーバンク姉妹は語った。

アブルト姉妹は「主は皆さんの努力のすべてを受け入れて下さることを皆さんにお伝えしたいと思います。総大会での発表は、必ずしも皆さんに今までよりもっとたくさんのことを行うようにとお願いするものではありません。わたしたちはすでになすべきことのリストを持っていて、リストはすでにいっぱいになっています!けれども、わたしたちは正しいことを行うことができます。簡単なこと、主ご自身が行いたいと願っていらっしゃることを行えば良いのです」と付け加えた。

以下のお話をオンデマンドで視聴する:

ゴング長老と姉妹

ユーバンク姉妹とアブルト姉妹

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.