ニュースリリース

豪雨被害を受けた愛媛県大洲市の教育施設へ支援物資を寄贈

平成30年7月豪雨で甚大な被害を受けた愛媛県大洲市の,保育所から中学校まで11か所の教育施設へ,末日聖徒イエス・キリスト教会から教育活動に必要な物資が贈られた。2018年12月7日に,教会の代表者から大洲市長へ寄贈目録が贈呈された。

新しい伝道部の開設、バウンドリーの変更が発表される

神殿に関する大管長会の声明

大管長会のクリスマスディボーショナルで救い主からの贈り物に焦点が当てられる

2018年の「Light the World」キャンペーンで奉仕の大切さが強調される

末日聖徒の指導者らがバグダッドで開かれたカンファレンスで宗教的不寛容について話す

2018年の大管長会からのクリスマスメッセージ

ジェフリー・R・ホランド長老が英国首相に家族歴史を贈呈

クリスマス・マシーンとミニスタリング・ツリー

西日本の豪雨被災地の子どもたちへ贈られた物資

末日聖徒イエス・キリスト教会は,平成30年7月豪雨被災地の岡山県倉敷市,広島県安芸郡・呉市などで,学校教育復興に必要な物資を寄贈した。