ニュースリリース

ラッセル・M・ネルソン大管長の太平洋地域ミニスタリングツアー2019年

末日聖徒イエス・キリスト教会のラッセル・M・ネルソン大管長は2019年5月16日~25日にかけて太平洋地域の末日聖徒たちを訪れた。ネルソン大管長は十二使徒定員会のゲレット・W・ゴング長老とともにハワイ、サモア、オーストラリア、ニュージーランド、フィージー、トンガ、タヒチにおいてミニスタリングを行った。

Sister Sharon Eubank Addresses Single Adults at a Fireside in Nakano

On Sunday, June 9, 2019, Sister Sharon Eubank, First Counselor in the General Relief Society Presidency, addressed a group of Single Adults during a fireside held at the Nakano ward building.

中野ワードで開催された独身成人のファイアサイドで話すシャロン・ユーバンク姉妹

2019年6月9日(日)、中央扶助協会会長会の第一顧問シャロン・ユーバンク姉妹を迎えて、独身成人向けのファイアサイドが中野ワードで開催された。

【全国奉仕の日2019】教会に,本をもっていこう。

5月18日,末日聖徒イエス・キリスト教会一宮ワードにて,教会が定めた「全国奉仕の日」の一環として,不要になった書籍やCDを集め,人々への支援に変える活動「チャリボン」が行われた。

世界インターフェイス会議(インターフェイス:さまざまな宗教の対話)開幕,
社会の繁栄に宗教が助けとなる7つの方法を使徒が紹介

山下長老・姉妹,ヘルピングハンズと共に
広島県西条市にて精神的障がいを抱える子供たちとの交流活動に参加する

Grateful Tears of the Ancestors

“To cradle the headstones of ancestors as I dug them up, cleaned them up, and placed them on a clean slab was not the usual family history experience,” conveyed Bret Hamatake, oldest son or “chonan” of seven known generations of Hamatake sons. Though a fourth generation Japanese-American, Bret Hamatake, from Grantsville, Utah,...

広島光ワードのヘルピングハンズ活動、広島平和記念公園をピカピカに

先祖の感謝の涙

「墓石を掘り起こし、土台に並べ、表面を洗うことは、普通の家族歴史活動で経験できることではありません」と七世代に渡り名前が分かった濱武家の長男であるブレット濱武が話した。ユタ州グランツビルに住む日系四世の米国人であるブレット濱武は、熊本県山鹿市長坂にある先祖のお墓を元通りに整備し、先祖を探求することを自らの責任と考えている。

【全国奉仕の日2019】大阪のヘルピングハンズから長居公園へのお返し

2019年5月18日,大阪市の長居公園に,末日聖徒イエス・キリスト教会の奉仕活動「ヘルピングハンズ」を示す黄色のベストを着た40名を超えるボランティアが集まり,公園の木々の間,遊歩道,遊び場,ベンチのごみ拾いを行った。彼らの姿は公園を訪れた人々の目に留まった。