神殿ガーメント

神殿ガーメント

テーマ

昔から人々は男女を問わず,宗教音楽や様々な形の祈り,象徴に満ちた宗教衣装,動作,典礼を用いて,心の奥底にある神への献身の気持ちを表現してきた。

これらの様々な表現の形態は,人類家族と同様に広範囲に及び,多様である。しかし,最終的な目的はすべて同じである。それは,信じる人を最も私的な方法で信仰の対象につなげること,すなわち神に近づけることである。

特定の信仰を持たない人々にとって,典礼や衣装はなじみのないものと思われるかもしれない。しかし,それらは,関わる人々にとって,魂の奥底にある感情を呼び覚まし,善をなすように促し,実に奉仕の一生を歩ませるものとなる。

修道女の修道服,司祭の聖職衣,ユダヤ人の祈祷用ショール,イスラム教徒の帽子,僧侶のサフラン色の僧衣。これらはすべて,神への人の献身を豊かに織りなしているものの一例なのである。

このような宗教衣装がすべて一般に公開されているわけではない。礼拝の場所でのみ見られるものもある。末日聖徒イエス・キリスト教会の神殿衣は,聖なる神権の衣として知られており,モルモンの神殿内でのみ着用され,信仰上の最も崇高な儀式のために用いられる。白は清さを象徴している。名誉の記章もなければ階級もなく,同じような装いをするときには,最も先任の使徒と最も新しい会員の見分けはつかない。男性と女性は同じような衣装を身に着ける。その簡素な衣装は,出エジプト記の記録に見られる昔のなごりと宗教上の象徴が組み合わされたものである。

末日聖徒イエス・キリスト教会には,通常の礼拝行事で着用する宗教衣装は何もない。

しかし,多くの忠実な末日聖徒は,衣服の下に,宗教的に深い意味を持つガーメントを着ている。それは普通の地味な下着に似たデザインで,上下一組から成っており,通常「神殿ガーメント」と呼ばれる。

人々の中には誤って,神殿ガーメントを,摩訶不思議なもの,あるいは「不思議な下着」と呼ぶ人がいる。このような言葉は正しくないだけでなく,末日聖徒イエス・キリスト教会の会員にとって不快なものである。神殿ガーメントには何ら摩訶不思議なところや神秘的なところはない。そして教会員は,善良な人々が他の宗教に示すのと同程度の敬意と配慮を求めている。

神殿ガーメントは,成人の教会員が着用するものであり,彼らは神の戒めとイエス・キリストの福音に忠実に従うという神聖な約束を末日聖徒イエス・キリスト教会の神殿で交わしている。

教会員にとって,通常の衣服の下に着る慎み深い神殿ガーメントは,神殿における礼拝時に象徴的な衣装とともに着用し,神と自分の関係,ならびに善良で高潔な生活をするという決意を,神聖に個人的な形で表すものである。

神殿ガーメントの歴史的背景

聖書の中には,特別な衣を着用することに関する記述が数多くある。旧約聖書の中で,イスラエルの民は,彼らの衣服を神との聖約を個人的に思い起こさせるものとするように具体的な指示を与えられている(民数15:37-41参照)。実際,一部の人々にとって,宗教上の衣装は礼拝と日常生活を一体化するうえで常に重要なものであった。この慣行が今日の末日聖徒に受け継がれているのである。

神殿ガーメントに関するメディアの報じ方に望まれること

神殿ガーメントは個人的かつ宗教的なものであるため,教会はすべてのメディアに対して,敬意をもってこの件を報じ,末日聖徒の神殿ガーメントを他の宗教団体の宗教衣装と同様な扱いとするように求めている。神聖な衣服をあざけったり,軽んじたりすることは,末日聖徒にとって非常に不快な行為である。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.