神殿オープンハウス

神殿オープンハウス

テーマ

末日聖徒イエス・キリスト教会は新しい神殿を建てると, 神聖な建物を一般公開します。通例, 2,3 週間続くこのオープンハウスにはだれでも参加できます。その後, 神殿は正式に奉献され, 教会に活発に集う教会員のみが入ることができます。

オープンハウスの間, 訪問者は神殿の目的や神殿が末日聖徒にとって大切な理由について学びます。最初に短い紹介ビデオを見ます。次にボランティアによる案内があります。中に入ると案内者がおもだった部屋の機能を説明します。教えを受ける部屋, 結婚やバプテスマの儀式を行う部屋などです。こうした機能の裏にある末日聖徒の信条についても簡単な説明があります。最後に, フロントロビーへ戻り, 軽食を食べます。ボランティアのスタッフが質問にお答えします。

神殿のオープンハウスは無料ですが, 入館希望者が多いため, 整理券を配ることがあります。一般公開に加えて, 近隣の住民, 業者, 建設作業員, 地元メディア, 地域や政府の要人招待客向けのツアーもあります。

末日聖徒イエス・キリスト教会の会員にとって, 神殿は「主の宮居」であり, 地上で最も神聖な場所です。神殿の儀式は家族を永遠に結び, 人生の目的を教え, 神が用意された救いの計画を説明します。神殿への参入は個人の霊的成長と, イエス・キリストの模範に従う決意を強めます。

現在世界中で142の神殿が稼働中であり,28の神殿が建設中, または建設予定が発表されています。

 

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.