現代の預言者と続く啓示

現代の預言者と続く啓示

テーマ
  • 現代の使徒と預言者は, 末日聖徒イエス・キリスト教会独自の特徴です。教会員は教会の先任指導者, すなわちジョセフ・スミス, ブリガム・ヤングおよび歴代の大管長を, アブラハム, モーセ, イザヤ, そしてイエス・キリストの時代の使徒たちと同じように, 神の預言者であると考えています。トーマス・S・モンソンが現在の教会の大管長であり預言者です。
  • 教会員は, 末日聖徒イエス・キリスト教会は, イエス・キリストが地上で生活していた間に建てた初期の教会の回復であると信じています。生ける預言者と使徒もその回復の一部です。
  • 現代の預言者とともに, 啓示が続き, 聖典が加えられています。ジョセフ・スミスはおそらく, モルモン書――イエス・キリストについてのもう一つの証の翻訳, および19世紀に教会の礎を築いた功績で最もよく知られているでしょう。以来, 教会の歴代大管長はそれぞれが独特の貢献をなしてきました。
  • 教会の頭に立つ預言者と使徒を会員が信じるということは, 指導者に盲目的に従うということではありません。神の預言者は教会全体を導くために啓示と霊感を受けますが, 啓示は教区の指導者, 個々の家族や会員など, どのレベルの人にも注がれます。事実, 個々の会員は自分自身の生活, 教会の責務, 職業などの世俗の営みにおいてすら, 神の導きを求めるように期待されています。また, 指導者が教える原則について自分の「証」すなわち確信を祈り求めるように期待されています。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.