末日聖徒イエス・キリスト教会がチューク州の小学校に3,000の学校用キットを寄付

末日聖徒イエス・キリスト教会がチューク州の小学校に3,000の学校用キットを寄付

ニュースリリース
 

2017年11月22日:末日聖徒イエス・キリスト教会は最近、チューク州の小学校の生徒に3,000の学校用キットを寄付した。このキットは、学校カバンにノート、鉛筆、消しゴム、色鉛筆、鉛筆削り、定規、ハサミが入ったもので、文化交流プログラムの一部として日本の末日聖徒の学生によって作られたものである。このキットの中には、簡単な折り紙の作り方の説明書付きの日本の折り紙セットも入っている。

末日聖徒イエス・キリスト教会は長年にわたり、ミクロネシアをはじめ世界中で人道的援助活動に積極的に参加してきた。今回のようなプログラムは、教会員などによる寄付金で賄われる。人道的援助プログラムは、国籍や宗教にかかわらず、苦しんでいる子どもや家族を援助し、彼らに自立を促し、奉仕の機会を提供するものである。

(このプログラムに関する詳細は、ビル・デイビスまでお問合せください。TEL:(671) 735-0041、Fax: (671) 646-9293、メールアドレス: daviswk@ldschurch.org)

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.