教会歴史博物館にて双方向性の開拓者トレイルの展示開始

教会歴史博物館にて双方向性の開拓者トレイルの展示開始

モルモン開拓者たちの旅の様子と進んだ道をわかりやすく解説

ニュースリリース
 

教会歴史博物館に「モルモントレイル:シオンへの道」と呼ばれる新しい展示が開始された。展示は1846~1890年にソルトレーク・シティーに向かって旅したモルモン開拓者たちが歩んださまざまな道のりを紹介する。

教会歴史博物館においてモルモン開拓者トレイルの展示が開催された。

「今回の展示で強調したいのは、ソルトレーク・シティーまでの行程が1つではなく何百とあったことです。ソルトレーク・シティーに到着した人々は世界中から来た人たちでした」と教会歴史博物館のプログラムマネージャーであるメリアン・アンドラスは述べた。展示では、ソルトレークバレーまでの旅の移動手段は馬車、船、蒸気船、電車、手車であったことを示すものである。1890年までに9.1万人がソルトレークに移住した。

モルモントレイルには3D立体マップ、双方向性の開拓者トレイルゲーム、馬車移動距離測定器などが展示されている。

博物館の館長であるアラン・ジョンソンは展示が双方向性になっていることを指摘しながら、「この展示場のしくみがどの年齢の来場者にとっても楽しいものとなっていることを願っています。展示場には小さな子どもにも面白いものとなるように、スクリーン上で開拓者の物語が楽しめるように工夫されています。また、遺留品が好きな人、説明書きをすべて読むのが好きな人など、さまざまな来場者のニーズに合うように展示を工夫しました」と述べた。

展示物には博物館が最も貴重と考える開拓者らの遺留品が50点あり、初期の教会員の移住の旅を体験できるようになっている。

「開拓者の物語を実在の人間に起こったことであると感じてもらいたいと考えました。遺留品を見れば、その背後にある物語を知っていることに気がづくでしょうし、開拓者が実在した人々であることを理解するのに役立ちます」と今回の展示に歴史家として協力したブライアン・アンドレアセンは述べた。

展示品のほとんどは博物館が所有するコレクションであるが、数年にわたり展示されることがなかった。教会はそういったコレクションを再び展示して欲しいとの要望をたくさん受けて来た。「今回の展示品は開拓者の遺留品で人気の高い物です」とアンドラスは語った。

展示の開始は2017年7月13日である。博物館では、今回の展示開始を祝うオープニングの祝賀行事が当日午後6時30分と午後9時に予定されている。開拓者時代の男女が楽しんだゲーム、おやつ、音楽、リクリエーションは、年齢にかかわらずすべての来場者が楽しめるものとなっている。展示は、モルモントレイルと呼ばれる常設のホームページにも掲載されている。閲覧者は開拓者たちが歩んだ数々の道についてのビデオの視聴、または双方向性のオンラインモルモントレイルゲームを楽しむこともできる。ゲーム参加者は自分がなりたい人物を選び、数々の状況の中で決断を下しながら、その人物が最終的にソルトレークバレーに到着できるかどうかを見ることができる。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.