テーマ

堕胎

末日聖徒イエス・キリスト教会は,人間の生命が神聖なものだと信じています。従って,個人の都合や社会的な都合で自分の意思に基づいて行う堕胎に反対しています。堕胎手術を受けたり,施したり,勧めたり,その費用を支払ったり,手配したりしないように会員に勧告しています。

例外と考えられる可能性があるとして,教会が会員に許可しているのは次の場合だけです。

  • 強姦または近親相姦によって妊娠した場合。または
  • 母親の生命や健康が重大な危機に瀕していると,資格ある医師が診断する場合。または
  • 胎児に重大な欠陥があって出生後生命を維持できないと,資格ある医師が診断する場合。

こうした例外的な状況であっても,堕胎が自動的に正当化されるわけではないと教会は会員に教えています。堕胎はきわめて重大な事柄であり,当事者が地元の教会指導者と相談したうえで,個人の祈りを通して決断が正しいと感じるのでなければ,堕胎を考えるべきではありません。

教会は堕胎に関する法案または公共のデモに対して,賛成または反対のいずれの立場も取っていません。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.