十二使徒定員会

十二使徒定員会

テーマ

12人のうちの一人は取税人,数名はガリラヤの海で働く漁師でした。彼らは召しを受けると,自分たちを召された御方の,世界に向けた証人となることに献身しました。

彼らは12人の主要な弟子,言い換えると,2000年近く昔にイエス・キリストによって選ばれた使徒でした。

現在,同じ職を持つ人々は,法律,事業,医学,教育,司法を含む様々の分野からの出身です。奉仕の召しを受けた時,彼らもキリストの証人としての奉仕に専念するため,それぞれの職業から引退しました。

彼らは末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会会員です。

現代の十二使徒定員会は1835年に組織されました。イエス・キリストによって設立された教会が文字通り地上に回復されたことを示す一つの実例です。

十二使徒定員会は教会の第2位の管理組織です。十二使徒定員会の会員は大管長会の指示のもとで働きます。大管長会は大管長と二人の顧問の合計3名からなる管理組織です。

使徒たちは世界中でキリストの御名の特別な証人となるという第一の責任に加えて,全世界の教会が着実に進歩発展するのを見届けるという大きな管理責任を負っています。

昔同じ職にあった人々と同様,今日の使徒たちは世界中を旅して,教会員を強め,励まし,新しい会衆を組織し,教会の業務を実施しています。そうした中で,新たな国に教会を設立する許可を得るため,国家の指導者と会見することがあります。

現在の十二使徒定員会会員は次の通りです。

ボイド・K ・パッカー会長

末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会会長であるボイド・K ・パッカー会長は2008年2月3日にこの職に任命されました。1994年6月5日から2008年までは会長代理を務め,会長代理となる以前,1970年4月9日に聖任されて以来,十二使徒定員会会員として働いていました。それ以前はおよそ9年間,十二使徒定員会補助として奉仕しました。

教育者としてのキャリアを持ち,教会の宗教教育セミナリー・インスティテュート・スーパーバイザーとして働き,またブリガム・ヤング大学管理評議会会員を務めました。

ウィ-バー大学で学び,続いてユタ州立大学で科学の学士号と修士号を取得しました。また,ブリガム・ヤング大学で教育管理の博士号を取得しています。

パッカー会長は1924年9月10日ユタ州ブリガムシティーで生まれました。第二次世界大戦中は,太平洋戦区で爆撃操縦士を務めました。

パッカー会長はニューイングランド伝道部の伝道会長として奉仕しました。多くの書籍や出版物を著しています。また芸術家として,特に鳥を扱った作品を残しています。旧姓ドナ・スミスと結婚して,10人の子供がいます。

L・トム・ペリー長老

末日聖徒イエス・キリスト教会十二使徒定員会会員であるL・トム・ペリー長老は,1972年に十二使徒補助として召され,1974年4月6日に現在の召しを受けました。

ペリー長老の教会での奉仕は,1942年にアメリカ北部諸州に宣教師として召されたときから始まりました。しかしその後2年間は,太平洋海兵隊に従軍しました。その後,アイダホ州ルイストンワードビショップリック顧問,カルフォルニア州サクラメントステーク会長会顧問,ニューヨークステーク高等評議員,ボストンステーク会長を歴任しています。

ペリー長老は1922年8月5日,ユタ州ローガンで,レスリー・トーマス・ペリーとノラ・ソン・ペリーのもとに生まれました。1949年,ユタ州立大学で財政学の学士号を取得し,大学院で学びました。職歴は小売業を専門とし,アイダホ,カリフォルニア,ニューヨーク,そしてマサチューセッツで会社の副社長,財務部長を務めました。

1947年7月18日,ユタ州ハイドパーク在住のバージニア・リーとローガン神殿で結婚しました。彼女は1974年12月14日に逝去しました。夫妻には娘2人と息子1人がいます。

1976年4月28日,バーバラ・テーラー・デイトンとソルトレーク神殿で結婚しました。

ラッセル・M・ネルソン長老

ラッセル・M・ネルソン長老は1984年4月7日,末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会の一員として召されました。

世界的に有名な外科医であり,医療研究者であるネルソン博士はユタ大学で学士号と医学博士号を取得しました(1945年,1947年)。ファイ・ベータ ・カッパ,アルファ・オメガ・アルファなどの名誉ある優等学生友の会に名を連ねています。ボストンのマサチューセッツ総合病院およびミネソタ大学で外科医として研修期間を過ごし,1954年に同大学から博士号を授与されました。また1970年にはブリガム・ヤング大学から科学博士の名誉学位を,1989年にはユタ州立大学から医療科学博士号を,1994年にはスノーカレッジから人文学博士号を授与されました。

外科の特任教授,ユタ大学における胸部外科研修医のディレクター,ソルトレーク・シティーにあるLDS病院の胸部外科主任として専門的な勤めを果たしました。

ネルソン長老は,中央幹部として召される前,多くの本を出版し,医学教本の章を多数執筆し,専門医として合衆国全土,また多くの国々を訪れ,講演を行いました。ユタ大学では優秀同窓生賞,アメリカ心臓協会からは黄金の心臓賞,また同協会から国際的な奉仕に対する表彰状,アメリカン・アカデミー・オブ・アチーブメント(青少年を教育し啓発する協会)からゴールデンプレート賞など多くの賞と表彰を受けています。中華人民共和国内の3つの大学から名誉教授の称号を授与されています。

ネルソン博士は,血管外科学会の会長,またアメリカ胸部外科理事会のディレクター,アメリカ心臓協会の胸部心臓血管外科審議会会長,ユタ州医科学会の会長を務めてきました。

世界の著名人リスト,アメリカの著名人リスト,宗教の著名人リストにその名が記されています。

ネルソン長老は教会で数え切れないほど多くの責任を果たしてきました。1964年からボネビルステークのステーク会長を務め,1971年6月に。中央日曜学校会長の召しを受けるまでその任に当たりました。十二使徒定員会に召される前,ユタ州カーンズ地区の地区代表として奉仕していました。以前はブリガム・ヤング大学の地区代表としても奉仕しました。

ネルソン長老は,1924年9月9日マリオン・C・ネルソンとエドナ・アンダーソン・ネルソン夫妻のもとに生まれました。妻ダンツェル・ホワイトとの間に10人の子供がいます。ネルソン姉妹は2005年2月に逝去しました。2006年4月にウエンディ・L・ワトソンと結婚しました。

ダリン・H・オークス長老

ダリン・H・オークス長老は1984年5月以来,末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会の一員として奉仕してきました。

ユタ州プロボの出身です(1932年生まれ)。先妻のジューン・ディクソン・オークスとの間に6人の子供がいます。彼女は1998年7月21日に亡くなりました。2000年8月25日,オークス長老はクリステン・M・マクメインとソルトレーク神殿で結婚しました。

オークス長老は,ブリガム・ヤング大学(1954年)とシカゴ大学法学大学院(1957年)を卒業しました。シカゴで弁護士として働き,法学を教えました。1971年から1980年までの間,ブリガム・ヤング大学の学長を務め,1980年にはユタ州最高裁判所判事に就任。使徒の召しを受け入れるため辞職した1984年までこの職にありました。

多くの事業団体,教育団体,慈善団体に名を連ね,役員としても活躍しました。また,宗教および法律関連の多くの書籍や記事を執筆あるいは共同執筆しています。

M・ラッセル・バラード長老

M・ラッセル・バラード長老は末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会の一員です。1985年10月6日に使徒として召されて以来,全世界を旅し,教会員を教え,世界中の教会の日常業務を管理してきました。

1928年10月8日,ソルトレーク・シティーにおいてメルビン・R・バラードとジェラルディン・スミス・バラード夫妻のもとに生まれました。ユタ大学に在籍しました。

青年時代にはイングランドで伝道し,伝道部会長会の顧問として奉仕しました。また2度,ビショップとして奉仕しました。

1974年,カナダ・トロント伝道部の伝道部会長として召され,1976年4月に七十人第一定員会に召されるまでそこで奉仕しました。七十人の会員として,割り当てを受けた地域で指導者を訓練し,管理しました。後の1980年2月から1985年10月まで七十人会長会の一員として奉仕し,教会の七十人定員会を監督しました。バラード長老の働きの多くは伝道活動に集中しています。

専任の教会指導者に召される前,バラード長老は自動車産業,不動産,投資事業に携わりました。教会と民間で多くの委員会や理事会で働きました。

1951年8月28日,バーバラ・ボーウェンとソルトレーク神殿で結婚しました。夫妻には,2人の息子と5人の娘がいます。

リチャード・G・スコット長老

リチャード・ゴードン・スコット長老は1988年10月1日,末日聖徒イエス・キリスト教会の使徒として支持されました。1977年4月2日,七十人第一定員会の一員として召され,1983年10月1日に同定員会の会長会に召され,現在の召しを受けるまで,奉仕しました。

スコット長老は1928年11月7日,アイダホ州ポカテロで,ケネス・リロイ・スコットとメアリー・ホイットル・スコットのもとに生まれました。5歳のときに,両親とともにワシントンD.C.に移り住みました。そこで父親は農務省に勤務し,後に農務副長官を務めました。

ジョージ・ワシントン大学で機械工学を修め,ウルグアイで専任宣教師として伝道しました。テネシー州オークリッジで核工学を学び,大学院の課程を修了しました。1953年から1965年にかけてハイマン・リッコバー大将(アメリカ海軍)の直属のスタッフとして働きました。海洋と陸上にある様々な電力施設に配給できる核燃料開発を管理しました。スコット長老は2008年にブリガム・ヤング大学から,クリスチャン奉仕部門で名誉博士号を取得しました。

1965年から1969年にかけてアルゼンチン・コルドバにあるアルゼンチン北伝道部を管理しました。帰国してからは原子力関連会社の私的顧問として働きました。

七十人の召しを受けるまで,ウルグアイ,パラグアイ,南北カロライナ,バージニア,ワシントンD.C.で地区代表として奉仕しました。

スコット長老は天父と,その愛する御子,そしてすべての天父の子供たちを愛しています。スコット長老は,様々な分野に特別な興味を持っています。世界中の美しい自然をことのほか愛しています。

才能豊かな妻,ジニーン・ワトキンスに恵まれました。1953年7月16日にマンタイ神殿で結び固められました。1995年5月15日,彼女は逝去しました。夫妻には7人の子供がいます。

ロバート・D・ヘイルズ長老

ロバート・D・ヘイルズ長老は1994年4月2日,末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会の会員として支持されました。

1975年4月4日,ヘイルズ長老は中央幹部としての召しを受けました。十二使徒定員会補助として奉仕し,後に七十人第一定員会の会員として奉仕しました。1985年4月から十二使徒定員会に召されるまでの間,教会の管理ビショップでした。

中央幹部の召しを受けるまでの5年間は地区代表を務めました。それ以前は,支部会長,ビショップ,高等評議員,ステーク会長の顧問として奉仕しました。1970年代後期にはイングランド・ロンドン伝道部の伝道部会長でした。また,中央日曜学校会長会第一顧問として奉仕した経験も持っています。

教会の専任の召しを受ける前,ヘイルズ長老は優れたビジネスマンとして活躍し,全国規模で業務を展開する3つの有名な会社で幹部を務めました。

ヘイルズ長老はニューヨーク・シティーで生まれました。ユタ大学を卒業し,ハーバード大学で経営学修士号を取得しました。合衆国空軍在籍時はジェット戦闘機のパイロットでした。

メアリー・クランドールと結婚し,二人の息子がいます。

ジェフリー・R・ホランド長老

ジェフリー・R・ホランド長老は,1994年6月23日に末日聖徒イエス・キリスト教会十二使徒定員会の一員に聖任されました。この召しを受けるまで,彼は1989年4月1日以来,七十人第一定員会の会員として奉仕してきました。

1980年から中央幹部に召される1989年までの間,ジェフリー・R・ホランド長老はユタ州プロボにあるブリガム・ヤング大学で9代目の学長を務めました。ホランド長老は教会教育委員長,BYUの宗教教育学部学部長を歴任してきました。

ユタ州セントジョージで生まれ,地元のディキシー高校とディキシーカレッジに通い,学生リーダーや学校代表選手として活躍しました。またブリガム・ヤング大学では,英文学と宗教教育学で学士号と修士号を取得しました。またエール大学では,アメリカ研究の修士号と博士号を取得しました。

ホランド長老は,教会の専任の召しを受ける前は,教育活動の専門家として活躍していました。AAPICUの理事長,NAICU の役員, 全米大学体育協会(NCAA)学長委員会委員として働きました。キリスト教徒とユダヤ教徒の相互理解の向上に尽力したことにより,ユダヤ人文化教育促進協会の名誉毀損防止連盟 から「自由の灯賞」を受賞しました。また,多数の市民団体や民間企業の運営委員会で奉仕したほか,ボーイスカウトアメリカ連盟から“Distinguished Eagle Scout”(卓越したスカウトに与えられる最高の賞)を受賞しました。これまで8冊の本を出版し,そのうち,一冊は妻パトリシアとの共著です。

ホランド長老は,1940年12月3日,フランク・D・ホランドとアリス・ベントレー・ホランド夫妻のもとに生まれました。1963年,パトリシア・テリーと結婚し,3人の子供がいます。

デビッド・A・ベドナー長老

デビッド・A・ベトナーは2004年10月7日,末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒の一員として召され,聖任されました。十二使徒定員会の召しに先立ち,ベトナー長老は地域七十人,地域幹部七十人,地区代表を務め,ステーク会長として2度,ビショップとして1度奉仕しています。

ベトナー長老は1952年6月15日にカリフォルニア州オークランドで生まれました。ドイツ南部伝道部で専任宣教師として奉仕した後,ブリガム・ヤング大学で学士号と修士号を取得しました。また,パデュー大学で組織行動学の博士号を取得しています。

学業を終えると,ベトナー長老はテキサス工科大学とアーカンソー大学で経営管理学の教授として教鞭を執りました。その後,1997年から2004年までブリガム・ヤング大学アイダホ校(旧リックス・カレッジ)の学長を務めました。

ベトナー長老は1975年3月20日,スーザン・ケイ・ロビンソンとソルトレーク神殿で結婚し,3人の息子がいます。

クエンティン・L・クック長老

2007年10月6日,クエンティン・L・クック長老は末日聖徒イエス・キリスト教会十二使徒定員会の一員として支持されました。1996年4月,中央幹部に召され,七十人第二定員会,第一定員会,七十人会長会で奉仕しました。

七十人として,フィリピン地域会長会,太平洋諸島地域会長,北アメリカ北西地域会長,宣教師管理部の管理ディレクターを務めました。

教会の中央幹部に召されたとき,サター健康管理システムの副会長を,またその前には,カリフォルニアの健康管理システム会社の社長兼最高経営責任者を務めました。その前は,サンフランシスコ湾地域の法律事務所でビジネスを扱う弁護士として,また共同経営者として働きました。長老は営利,非営利団体の役員を務めました。

教会では,ビショップ,カルフォルニアサンフランシスコステークのステーク会長と顧問,北アメリカ西地域の地区代表と,地域幹部を歴任しています。青年時代はイギリス伝道部で伝道しました。

ユタ州ローガン生まれ育ち,ユタ州立大学で政治学の学士号を,スタンフォード大学において法学博士号を取得しました。

1962年11月30日,メアリー・ギャディーと結婚し,3人の子供がいます。

十二使徒定員会,クエンテイン・L・クック長老

D・トッド・クリストファーソン長老

2008年4月5日,D・トッド・クリストファーソン長老は末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会に召されました。召しを受けた時,クリストファーソン長老は七十人会長会で奉仕していました。

七十人会長会に在職中,クリストファーソン長老は教会の北アメリカ西,北西,南東地域を管理する責任にありました。また家族・教会歴史部門の管理ディレクターとしても奉仕していました。それ以前,教会のメキシコ南地域会長としてメキシコシティーに住んでいました。

専任の教会中央幹部として召される前,クリストファーソン長老はノースカロライナ州シャーロットでネーションバンクコーポレーション(現バンクオブアメリカ)の企業内次席法律顧問を務めていました。ナッシュビルのテネシー商業連合銀行(Commerce Union Bank of Tennessee )では上級副取締役および法律顧問でした。テネシーでは,地域活動や宗教を超えた様々な団体でも活躍しました。クリストファーソン長老は,合衆国地方裁判所判事ジョン・J・シリカ(1972-1974)の法務書記を務めた後,1975年から1980年までワシントンD.C.で弁護士として働きました。

ユタ州プレザントグローブで生まれ,ニュージャージー州の高校を卒業後,ブリガム・ヤング大学でエドウィン・S・ヒンクレー奨学生として学士号を取得し,その後デューク大学で法律の学位を取得しました。

教会のその他の召しでは,地区代表,ステーク会長,ビショップなどを歴任しました。青年時代,アルゼンチンで宣教師として奉仕しています。

クリストファーソン長老と妻のキャサリン・ジェーコブ・クリストファーソンには5人の子供がいます。

ニール・L・アンダーセン長老

ニール・リンデン・アンダーセン長老は2009年4月4日,末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒に任命されました。

アンダーセン長老は,十二使徒定員会の召しを受ける前に七十人会長会の先任会員として奉仕していました。1993年4月,41歳にして七十人第一定員会の会員として任命されました。以前は南ブラジルで教会の業を指導しました。その後,再び地域会長会の一員として西ヨーロッパの教会を監督しました。またメキシコや中央アメリカの教会の業を指導する手助けをしてきました。そのほかにも,「聖書:一つの群れ一人の羊飼い」)の撮影を含む教会の視聴覚教材製作を監修したり,教会視聴覚部の管理ディレクターとしてカンファレンスセンターの放送設備建設を管理したりしました。母国語の英語に加え,フランス語,ポルトガル語,スペイン語を話します。

中央幹部として召される前,アンダーセン長老はフランス・ボルドー伝道部で伝道部会長を,そしてフロリダ州タンバステークのステーク会長を務めました。

アンダーセン長老はユタ州ローガンで生まれ,アイダホ州ポカテロの酪農家で育ちました。「朝から晩まで働く,典型的なアイダホの農場」でした。高校生の時,生徒を束ねる才能を発揮して,アイダホ・ボーイズ・ステートの知事を務めました。

ヒンクレー奨学生としてブリガム・ヤング大学を卒業しました。ハーバード大学ではMBA(経営学修士)を取得しました。教育を終えた後,フロリダ州タンバに居を構え,広告業,不動産開発業,健康事業を展開しました。

アンダーセン長老と妻キャシー・ウイリアムズ・アンダーセンには4人の子供がいます。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.