一夫多妻

一夫多妻

テーマ

ユタ州内外の一夫多妻グループと個人は彼らをたまたま目にする人々や訪れる報道機関に対し,誤解を与えることがしばしばあります。合衆国とカナダ西部の地域で一夫多妻を実行している人々と一夫多妻グループは,末日聖徒イエス・キリスト教会のいかなる意味でも関係がありません。しかしながら,末日聖徒の通称として広く理解されている「モルモン」という語は,ときどき間違って彼らを指して使われることがあります。

1998年10月の総大会において,ゴードン・B・ヒンクレー大管長は一夫多妻について次のように話しました。「わたしは,この教会はいかなる意味でも一夫多妻を実行している人々とは関係がないことを,断言しておきたいと思います。そのようなことをしている人々は,この教会の会員ではありません。その大部分の人々は教会員であったこともありません。彼らは法律に違反しています。彼らは,自分でも法律に違反していることを知っています。彼らは法律に従って罰を受けるはずです。もちろん,この教会はその点に関して,いかなる意味でも,法を執行する権限は保持していません。

もしわたしたちの教会員の中に多妻結婚を実施している者が見つかった場合,その人は教会で課すことのできる罰則の中でも最も重い罰である破門の処分を受けることになります。そのようなことを実行している人々は,法律に直接背いているだけでなく,この教会の律法にも違背しています。わたしたちの信仰箇条の一つにより,わたしたちはある拘束の下にあります。そこにはこう述べられています。『わたしたちは,王,大統領,統治者,長官に従うべきこと,法律を守り,尊び,支えるべきことを信じ』ています(信仰箇条1:12)。」

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.