テーマ

ジョセフ・スミスと回復

ジョセフ・スミス・ジュニアは1805年12月23日, バーモント州ウィンザー郡シャロンで, ジョセフ・スミスとルーシ・マック・スミスのもとに, 貧しい農家の11人きょうだいの5番目の子として生まれました。11人のうち9人の子供が生き延びました。家族は公立教育を受ける余裕がなかったため, ジョセフは正式な教育を3年しか受けられませんでした。きょうだいたちと同様, おもに家庭で家族の聖書を読んで勉強しました。

1820年当時, ジョセフが住んでいたニューヨーク州で激しい宗教復興運動が起きました。その間, 宗教について混乱させられた14歳のジョセフは, 新約聖書の一を読みました。その聖句は心の奥底にまで語りかけたとジョセフは後に書いています。知恵に欠ける者は神に願い求めよと勧める言葉でした。そこでジョセフは人目を避けて家の近くの森の中へ入り, 生涯で初めて声に出して祈りました。

その後起きたことはジョセフ・スミスを変え, 末日聖徒の信仰の中心的な教義となっています。ジョセフは父なる神とイエス・キリストが現れたと次のように記しています。「わたしは自分の真上に,太陽の輝きにも勝って輝いている光の柱を見た。そして,その光の柱は次第に降りて来て,光はついにわたしに降り注いだ。」その光の中に, 二人の御方が見え, そのうちの御一方がジョセフの名を呼び, 別の御方を指してこう言いました。「これはわたしの愛する子である。彼に聞きなさい。」教会員はこの経験を「最初の示現」と呼んでいます。こうしてイエス・キリストの教会を地上に回復する業が始まったのです。

ジョセフ・スミスの最もよく知られている功績は, おそらくモルモン書――イエス・キリストについてのもう一つの証の翻訳でしょう。「最初の示現」の数年後, ジョセフはニューヨーク州パルマイラ近郊の丘へ導かれ, そこでモロナイという天使から古代の記録を受け取ったと教会員は信じています。金属版に刻まれたその記録は, キリストがこの世におられた時代にアメリカ大陸で生活していた民の歴史を記したものです。そこには復活したキリストがその民に現れた話も載っています。ジョセフはその記録を約3ヶ月で翻訳し, 出来上がったモルモン書は1830年にニューヨークで最初に出版されました。500ページを越えるモルモン書はジョセフ・スミスの偉大な功績の一つであり, 末日聖徒イエス・キリスト教会の礎となる聖典です。

末日聖徒は, 使徒たちの死後, 古代教会から神の権能が失われたため, 神の力によって回復される必要があったと信じています。19世紀前半にジョセフ・スミスを通して行われた神権の権能の回復は, 古代に権能を持っていた方々が天使として訪れて行われた文字通りの回復でした。

ジョセフ・スミスと5人の僚友が50人の出席者とともに,1830年4月6日, ニューヨーク州フェイエットの丸太小屋で正式に教会を組織しました。ジョセフ・スミスは1844年6月27日に殉教するまで, 教会を管理しました。彼の指導の下で, わずかであった教会員は26,000人に増加しました。

ジョセフ・スミスの啓示は当時の教会へ神学上の著しい革新と課題をもたらしました。あらゆる宗派の人々のために宗教の自由を強く擁護しました。死者のために救いの業が行われ, 天界にある3つの広い段階または位について, また来世で神の忠実な子供たちを待っている行く末について理解できる場所として神殿の概念を導入しました。「最初の示現」の経験は, 神とイエス・キリストが肉体を持った御方であり, 人類は御二方の形に造られたことを末日聖徒に理解させてくれました。また, ジョセフ・スミスはイスラエルの末日の集合についてたびたび語ったり書いたりしましたが, ユダヤ人がイスラエルへ集合するという観点だけでなく, 神のすべての民が安全で聖なる場所へ集合するという観点で教えました。モルモンはなぜ, どのように異なっているかも参照。

教会の外では, ジョセフ・スミスは古代の慣習一夫多妻を取り入れたことでも知られています。しかし, これは啓示により, 教会ではもはや行われていません。また, 過去の歴史上の慣習として語られる以外には, 教会員はそれについて話すこともあまりありません。

初期の教会を導く間に, ジョセフは国際的な宣教師プログラムを組織しました。また今日, 世界有数の女性の組織となった組織を創設しました。3つの町の建設を監督し, 二つの神殿の建設を指示しました。同時に, 地元の暴徒による激しい迫害に耐えました。迫害はついにジョセフが築いた3つの町から教会員を追い出すほど悪化しました。

教会員は連邦政府に繰り返し訴えましが, アメリカ市民としての宗教および市民の権利を拒まれました。そこで, 教会指導者たちは1844年1月, ジョセフ・スミスを合衆国大統領の候補者に指名すると発表しました。5月までに, ジョセフはイリノイ州ノーブーの大会で正式に指名されていました。迫害に対して宗教と市民の権利を守るために政府が介入することを政策綱領に掲げました。ところが, 同年6月にジョセフと兄が暴徒によって殺害され, ジョセフが公職に就く目標は遂げられませんでした。

ジョセフと兄ハイラムは, 1844年6月27日, 150から200人の暴徒により射殺されました。二人の兄弟と数名の親しい僚友たちは偽りの反逆罪のかどで法的な手続きに従い, イリノイ監獄に投獄されていました。ジョセフは38歳, ハイラムは44歳でした。二人の遺体は納棺され, 6月28日に推定1万人の葬送者に見送られ, 翌日, 暴徒によるさらなる攻撃や冒涜を避けて密かに埋葬されました。

1830年にジョセフが設立した教会は, 今日では1400万人以上の会員を擁する世界的な宗教になっています。また, ジョセフ・スミスは末日聖徒により現代の傑出した預言者と見なされています。当教会に反対する数人の主張とは逆に, ジョセフは教会員によって崇拝されているのではありません。預言者として尊敬されていますが, ほかの人と同様の短所や欠点のある人と何ら変わりがないのです。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.

写真をダウンロードする »