よくある質問

よくある質問

テーマ

1.モルモンは一夫多妻制を行っていますか。

アメリカ合衆国および世界各地には1,400万人のモルモンがいますが, 一夫多妻主義者は一人としておりません。一夫多妻の慣行は, 末日聖徒イエス・キリスト教会では厳重に禁止されています。モルモン書に述べられている通り, 教会における結婚の一般的な標準は常に一夫一婦制でした(モルモン書ヤコブ2章27節)。一夫多妻制は過去において19世紀に約50年間行われました。しかし, 現在は行われていません。118年前の1890年に公式に停止されました。今日一夫多妻を行っている人々は当教会と何の関係もありません。

2. モルモンは神についてどのようなことを信じていますか。

末日聖徒イエス・キリスト教会では, しばしば神は天の御父と呼ばれます。神はすべての人の霊の父であり, 人は神の形に造られているからです(創生1:27)。親切で正しく, 完全な英知と力を持っておられる神にふさわしい言葉です。父なる神と御子イエス・キリストと聖霊が, 神会すなわちモルモンにとっての三位を構成しています。

3. モルモンの神殿の中では何が行われているのですか。

神殿は, 末日聖徒イエス・キリスト教会の会員にとって通例日曜日に礼拝する場所ではありません。神殿は神聖な場所であるため, ふさわしい教会員だけが神殿に入ることができます。神殿活動のおもな目的は, 家族を一緒に「結び固める」あるいは結びつけることです。家族関係は死を越えて続くものであるという予想に基づいて行われています。同じ神殿で死者のための儀式を行うことができます。他のキリスト教会には神殿活動に相当するものはありません。

4. モルモンは聖書を信じていますか。

当教会は聖書を神の御言葉が書かれた神聖な聖典として尊重しています。末日聖徒は聖書の教えを大切にし, 聖書の神聖な知恵を生涯研究しています。また, 礼拝行事の間でも聖書について深く考え, 語ります。聖書に加えて聖典としているモルモン書, 教義と聖約, 高価な真珠には, 多くの人がイエス・キリストについて個人的な経験をした感動的な話が載っており, さらに多くの証を通して神の教えを深めてくれます。現代の使徒M・ラッセル・バラードは, 「モルモン書は聖書の価値を下げたり, おとしめたり, 軽んじたりすることはありません。逆に, 広げ, 拡大し, 高めています」と述べています。

5.モルモンはキリスト教徒ですか。

末日聖徒イエス・キリスト教会はその名称が示すように, イエス・キリストを中心とした教会です。家庭で祈るときも礼拝堂で説教するときも, 「イエス・キリストの御名により」という言葉で終わります。毎週礼拝行事でとる聖餐(聖体拝領)の象徴は, 主の贖いの象徴です。キリストの贖いの犠牲は, 個人の悔い改めを条件として, すべての人のために罪の代価を支払うものです。また, そのおかげで全人類は不死不滅の体に甦ることができます。

6.人種問題について教会はどのような立場を取っていますか。

福音はすべての人のためにあります。当教会は常にあらゆる人種の人々を歓迎してきました。だれでもバプテスマを受けて会員になり, 説教を行い, 会衆の中で祈りを捧げてきました。人種差別の方針はまったくありませんでしたが, アフリカ系の男性会員は神権の職に聖任されていませんでした。これは1978年6月に変更され, 即座に世界各地の活発な男性会員は神権の職に聖任されるようになりました。2006年, 当時の大管長ゴードン・B・ヒンクレーはこう宣言しました。「人種の異なる人を軽蔑するようなことを言う人は, 自分をキリストの真の弟子だと考えることはできません。また, 教会の教えに従っていると言うこともできません。わたしたちは一人一人, 御自分の子供たちを皆, 愛しておられる天の御父の息子娘であることを認めようではありませんか。」

7.モルモンの女性は教会の中でどのようなことができますか。

末日聖徒イエス・キリスト教会の業の中で女性は不可欠な役割を果たしています。女性は神権の職に聖任されることはなく, 従って聖餐の象徴の祝福やバプテスマのような儀式を執行することはできませんが, 上級指導者として, また宣教師や教師として奉仕します。礼拝行事で説教をしたり, 会衆を代表して祈りを捧げたりするのもごく普通のことです。

8.なぜ教会は宣教師を送るのですか。

末日聖徒イエス・キリスト教会の伝道活動は新約聖書に基づく方式に従って行われています。すなわち宣教師は二人1組で奉仕し, 福音を教え, イエス・キリストの御名により信者にバプテスマを施します(例えば, 使徒行伝に書かれたペテロとヨハネの宣教を参照)。25歳以下の52,000人以上の宣教師が常時, 世界各地のほぼ350の伝道部で伝道奉仕を行っています。伝道はボランティア活動であり, 伝道資金は自己負担です。教会本部から割り当てを受け, 教会の宣教が政府により認可された国にのみ派遣されます。世界の地域によっては, 人道援助またはその他の特殊な伝道目的でのみ宣教師が派遣される場合もあります。 

9.人生の目的についてモルモンはどのような見解を持っていますか。

末日聖徒にとって, この世の人生は歴史の大きな流れの中で捉えられています。前世で全人類の霊は天の御父と一緒に生活しており, 御父のみもとでさらに続けて成長し, 学び, 向上する将来の生活を目指していました。地上での生活は男女が試練に遭い, 地上でしか得られない経験を得るための試しの状態と見なされています。神は人間が間違いをするのをご存知でした。そこで, 世の罪を背負う救い主イエス・キリストを遣わしました。当教会の会員にとっては, この世の肉体的な死は終わりではなく, 神が子らのために定めた計画の中の次の段階への入り口なのです。

10.なぜモルモンはタバコやお酒を断っているのですか。

末日聖徒の健康上の規準は「知恵の言葉」に基づいています。これは健康によい食べ物と身体によくない物質を指摘した1833年の啓示です。従って, 習慣性と有害な影響のため, アルコール飲料, タバコ, お茶, コーヒー, 不法薬物が禁止されています。1997年に完了した14年にわたるUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の研究によると, カリフォルニア州の末日聖徒イエス・キリスト教会の会員1万人の死亡率と健康上の習慣を追跡調査した結果, 健康上の規準に従っていた教会員は, 癌や心臓血管病による死亡率がアメリカ合衆国で最も低い人たちの中に数えられており, 合衆国の白人全体よりも8年から11年寿命が長いことが分かりました。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.