ニュースリリース

アイダホ州メリディアン神殿のオープンハウス始まる

州都ボイシの郊外に完成した末日聖徒イエス・キリスト教会のアイダホ州メリディアン神殿の一般向けオープンハウスが始まる。

カリフォルニア州北部で山火事避難者に対して奉仕する末日聖徒

カリフォルニア州の末日聖徒は、最近発生した山火事によって避難を余儀なくされた住民を支援している。山火事による避難者は、サンタローザにあるモルモンの集会所で温かい食事と避難場所を提供された。

すべての真理を大切にする

死を前にしたイエスにピラトが尋ねたこの質問は、今の世にも意味のあるものである。真理が何であるか、またその答えをどこで見つけるべきかについてはさまざまな意見があるであろう。しかし、その答えを見つける努力を怠ることは、わたしたちにはできないのである。

モルモンタバナクル合唱団クリスマスコンサートの共演者決定

受賞経験のある女優、歌手、ダンサーであるサットン・フォスター、そして高い評価を受けているイギリス人俳優ヒュー・ボネヴィルが、今年のモルモンタバナクル合唱団クリスマスコンサートのゲスト演者とナレーターを務めることになった。

ハリケーン「イルマ」と「マリア」に関する最新情報

末日聖徒の指導者らが最近プエルトリコを訪れ、カリブ海地域を襲った2つのハリケーンによる被害を受けたプエルトリコ島の住民に希望と慰めを与えた。末日聖徒イエス・キリスト教会のカリブ海地域会長のウォルター・F・ゴンサレス長老とその妻、そして地域七十人のフリオ・C・アコスタ長老が2017年9月27日~10月2日にかけて、ハリケーン「イルマ」と「マリア」の被災地を視察した。

ロバート・D・ヘイルズ長老の葬儀が執り行われる

末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会のロバート・D・ヘイルズ長老は、2017年10月6日(金)にユタ州に埋葬された。

教会がアフリカ諸国の貴重な記録を保存

「初めて戸籍書類を見た時、それは無残な状態にありました。戸籍の保存状態、そして戸籍担当スタッフが劣悪な作業環境の中にありながらも、シエラレオネ国民のために記録保存に最善を尽くしている姿を見て心が痛みました」と末日聖徒イエス・キリスト教会のファミリーサーチ・インターナショナルが行う、記録へのアクセスを可能にするプロジェクト管理者であるティエリー・ムトンボは語った。

ラスベガス銃乱射事件後、教会が哀悼の意を表明

末日聖徒イエス・キリスト教会は10月2日月曜日、以下の声明を発表した

教会がバージニア州で17,000食分の食料を提供

2017年9月29日、末日聖徒イエス・キリスト教会は2万ポンド(約9トン)の食料品、時価総額約22,000ドル(約250万円)、約17,000食分、をバージニア州リッチモンドの貧困者支援団体「フィード・モア(Feed More)」に寄付した。

末日聖徒がアフリカと中東で飢饉救済

モルモンはアフリカと中東の8ヵ国の飢餓に苦しむ人々の救済のために、1100万ドル(約12億円)を追加で提供した。この人道支援活動は最近、末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長会により承認されたもので、干ばつ、内戦、疾患やその他の問題によって苦しむ世界中の人々に支援活動を行うための資金提供である。